« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

倉庫の住人退治。

こんにちは。

先日、当社の倉庫に行ってみると、隅っこに蜂の巣が~~~~

Cimg5220

勇気あるスタッフがほうきで落として、出てきた蜂を退治してくれました。

幸いまだ私の拳程度の大きさで、寒さで蜂も数少なく、のろのろとしていた

のでマシでしたが、私一人でキャ~キャ~逃げていました

夏は刺されたスタッフもいたようです。恐ろしい

ムシ類はホントにだめです

ムシ退治できる人、尊敬です

当社のホームページです

            ぜひアクセスして下さい

沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

            有限会社 地盤データサービス

2012年2月20日 (月)

お弁当泥棒。

こんにちは。

まだまだ寒そうですが、日が長くなってきましたね

最近はカーテンを開けると少しは明るいので、気分も明るくなります

さて、先日ツイッターではつぶやいておりましたが、

私は用意してる最中のお弁当のおかずを盗まれてしまいました

犯人の写真です↓

Dsc_0030

1歳11ヵ月の姉妹です。

どちらも生ゴミや食べ物に目がありませんが、右の方が翌日に朝から3~4回

げーげーし、具も混ざっていたので犯人確定です

毎日幼子のようにいたずらをしては怒られているむくむくのふさふさの生き物です。

当社のホームページです

            ぜひアクセスして下さい

沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

            有限会社 地盤データサービス

2012年2月16日 (木)

大雪の中の調査。

こんにちは。

また明日から寒さが厳しくなるようで・・・まだまだ冬は続くようですね

そんな中でも建築現場は進んでいきます。

先日は、京都府北部で地盤調査がありました。

大雪で数m積もっているようですが、雪が積もっていては地盤調査ができないので

雪かきをしていただいて、何とか調査することができました。

とは言え・・・現場はこんな様子↓

P2140048_2

地面もぐちょぐちょで車輌の進入や調査機の搬入・設置も大変だったと思います

P2140035

そして、この日は発注者様から

「大変な中ありがとう」

とご丁寧にお礼のお電話をいただき、感激しました

それだけ大変だったということでしょうね。

条件の悪い中、本当にお疲れさまです

ところで、私の周りでもインフルエンザが猛威をふるっております

みなさまも気をつけて下さいね。

当社のホームページです

            ぜひアクセスして下さい

沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

            有限会社 地盤データサービス

2012年2月13日 (月)

フォンダンショコラ。

先ほど外に出ましたが、すごく寒いですね~。

冷たい雨は一番苦手です。

現場は大変でしょうね・・・お疲れさまです

さてさて、明日はバレンタインデーということで、売り場はチョコレート一色ですね

ぶらりと見ていたらチョコレート菓子を作りたくなって、昨日作って食べちゃいました(笑)

作ったのはフォンダンショコラ

Dsc_0022

ものすごく簡単にできるのですができたてを食べると、

サクサク、ふわふわ、

左上の写真のように中身は熱々のトロトロチョコです

何と言っても私は無類のチョコレート好きなのです

毎日毎日中毒のようにチョコレートばっかり食べていましたが、去年の夏くらいから

ちょっとだけ控えめにしています

なので、久々に食べるチョコレートは格別

昔はバレンタインデーになると張り切って家族や職場の方々などにあげていましたが、

そんなに喜んでもらえることもなく・・・

むしろありがた迷惑ぽく思ってる人もいるような気がして悲しくてやめました

多分お返しを気にしてのことなんでしょうけどね。

私は全くお返しのことなんて忘れているぐらいで・・・

ただ日頃の感謝の気持ちを込めて渡していたのですが。

お返しをしてほしくてあげてる人は少ない気がするので、バレンタインのプレゼントを

もらった時には素直に喜んであげてくださいね

当社のホームページです

            ぜひアクセスして下さい

沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

            有限会社 地盤データサービス

2012年2月 7日 (火)

宅地造成工事開始!

先日、70宅地の造成工事が始まりました。

当社は造成工事はやっておりませんが、その造成工事の過程である擁壁築造のための

地盤改良を請け負わせてもらいました。

造成後の宅地の地盤調査や地盤改良はいつものことですが、今回みたいに造成工事の最初

から関わらせてもらうのは初めてのことです。

工事の設計も大変そうでしたが何とか着工と相成りました

この現場はかなりの規模ですので、造成工事の現場は圧巻です。

Cimg5197

写真ではわかりにくいですが、左右ともまだあって、高さもかなりのものでとても登れるもの

ではありません

平面になっているところは重機が入れるように、造成工事屋さんが表層改良してくれている

んですよ。

これが整然とした宅地になるなんて、すごく楽しみですね

造成屋さんの重機も入っていますが、かな~り大きな重機ばっかりで小さい男の子なら大喜び

しそうな感じです

地盤改良の重機も大きいです

Cimg5194

住宅の地盤改良では杭の直径は500㎜~600㎜なのですが、今回は800㎜です。

それを何百本も大変密に打っていきます。

トータルで何週間かかるのでしょうね~。

毎日ひたすら打ち続けるという地道な作業となっておりますが、現場の方々には頑張って

もらいましょう

当社のホームページです

               ぜひアクセスして下さい

    沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

                有限会社 地盤データサービス

2012年2月 2日 (木)

地盤改良したのに沈下・・・。

今日はまた特別寒いですね~

雪と、何より風が強い

そんな寒い中でも現場でみんな頑張っていますよ

今日は沈下修正のレポート。

山に近い現場では吹雪でしたが、無事ジャッキアップが済み家が持ち上がりました

穴の中からジャッキの様子を撮影。

1

ここで鋭い方はお気づきでしょうか?

右にあるのは何??

鋼管??

そうです、鋼管です。

以前、小口径鋼管杭工法にて地盤改良をした鋼管だったのです。

にもかかわらず、沈下してしまいました

理由は単純です。

杭が支持層に到達していなかったのです

この現場は9~10m程度の高さの擁壁がある宅地です。

例に漏れず、擁壁の埋め戻し土が沈下していました。

地盤改良の杭は9mまで入っている箇所もあれば、2~3mの箇所も。

案の定、その2~3mまでしか入っていない箇所が沈下していました。

あ、くれぐれも、その地盤改良は当社の施工じゃないですよ

このたび沈下修正の施工ではやはり全ての杭において9mまでの圧入となりました。

でもこれでもう再沈下の心配はありませんね

持ち上がった結果、窓枠にあった5mm程の亀裂もくっついてほとんど見えなくなりました

あとは掘削した土をひたすら埋め戻して、空洞部分をセメントミルクで注入で埋めると

いう工程に続きます。

3_3

地盤調査や地盤改良は安定性のある機械の施工で誰がやっても同じように思われがち

ですが、やはり技術力に大きく左右されますね。

そのことを建築業者様はじめ、皆様によくご理解していただきたいところです。

当社のホームページです

               ぜひアクセスして下さい

    沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直します 

                有限会社 地盤データサービス

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »