« 鋼管認定工法 ALKTOP(アルクトップ)工法 | トップページ | 残念な湿式柱状改良 »

2017年3月29日 (水)

狭小地での地盤改良/湿式柱状改良

京都市内は特に狭小地が多いです。




宅地が広くても途中の道路が狭く、一般的な施工機が入らないこともあります。




そんな時は、当社の小型地盤改良機が大活躍ですscissors






しかし、その施工機を運搬するのは大型車。






大型車が通れないところは自走するしかありません。






それでもギリギリのところが多いので、大変な神経を使います。




電柱、電線、庇、植木、カーポート等の障害物も多いですsweat01




写真の現場は、ここをさらに左に曲がらなければなりませんcoldsweats02





Img_6451_2



他にももっと狭い現場がありますので、またアップしたいと思いますsmile

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshine当社のホームページですshineshineshineshineshineshineshineshineshine

             ぜひアクセスして下さいhappy01

  沈下修正工事・地盤改良・地盤調査の専門業者。傾いた家も直しますup                      Jdsbanner30084_4

« 鋼管認定工法 ALKTOP(アルクトップ)工法 | トップページ | 残念な湿式柱状改良 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574725/65081683

この記事へのトラックバック一覧です: 狭小地での地盤改良/湿式柱状改良:

« 鋼管認定工法 ALKTOP(アルクトップ)工法 | トップページ | 残念な湿式柱状改良 »